ディープフロントライン(DFL)~アナトミートレイン~

今回はアナトミートレインの主要ラインの一つであるディープフロントライン(DFL)について書いて行きます。

アナトミートレインは頭に入っていると評価や治療の視野が大きく広がります。

ディープフロントライン(DFL)

アナトミートレインのラインの種類の一つで、その名の通り身体の深い部分を通るコアになるラインです。経路は以下のようになります。

引用:フィッシャルリリーステクニック

<最下部>

後脛骨筋・長趾屈筋

膝窩筋膜・膝関節包

<下後部>

後筋間中隔・大内転筋・小内転筋

肛門挙筋・内閉鎖筋筋膜

前仙骨筋膜・前縦靭帯

<下前部>

前筋間中隔・短内転筋・長内転筋

腰筋・腸骨筋・恥骨筋・大腿三角

<上後部>

前縦靭帯・頸長筋・頭長筋

<上中部>

横隔膜

心膜・縦隔・壁側胸膜

椎体前筋膜・咽頭縫線・斜角筋

<上前部>

舌骨下筋

舌骨上筋

ディープフロントライン(DFL)の特徴

数々のラインに囲まれている

前額面で左右ラテラルライン(LL)の間、矢状面でスーパーフィッシャルフロントライン(SFL)とスーパーフィッシャルバックライン(SBL)に挟まれ、さらにスパイラルライン(SPL)とファンクショナルライン(FL)に囲まれており身体筋膜構成の中心を形成します。

ディープフロントラインは深層にあるため、いわゆるインナーマッスルとして機能します。ディープフロントラインが機能しなくなることで他のラインの過剰性がみられ、柔軟性低下や滑走不全を招きます。

呼吸リズム、歩行リズム、自律神経のコントロールを司っている

横隔膜が含まれることから呼吸のリズムを、大腰筋・腸腰筋が含まれることから歩行のリズムを司っています。

また体幹部では自立神経節と密接に関わっており、交感神経と副交感神経のバランスにも関与しています。

姿勢機能としての役割

  • 内側縦アーチを引き上げる
  • 下肢を安定させる
  • 腰椎を前から支える
  • 胸部を安定させ、呼吸のリズムを整える
  • 頸部と頭部のバランスを保つ

といった事が挙げられます。

ディープフロントライン(DFL)の治療への応用の考え方

頸部への影響

頸部についてはスーパーフィッシャルフロントライン(SFL)上の胸鎖乳突筋、スーパーフィッシャルバックライン(SBL)上の後頭下筋はいずれも上位頚椎の伸展に関与する筋肉が存在します。

拮抗するのはディープフロントライン(DFL)上の頸長筋・頭長筋しかありません。という事は、よくみられるFHPアライメントの修正にはディープフロントライン(DFL)の機能改善が重要となります。

下肢への影響

ディープフロントライン(DFL)が短縮すると足部は回外・内反となります。(後脛骨筋の影響)

ラテラルライン(LL)が短縮していると足部は回内・外反(腓骨筋の影響)となります。

膝関節においてはディープフロントライン(DFL)とラテラルライン(LL)は弓の弦のように拮抗します。ディープフロントライン(DFL)の短縮は内反膝となり、ラテラルライン(LL)が伸張され過緊張となります。逆にラテラルライン(LL)が短縮すると外反膝となり、ディープフロントライン(DFL)が伸張され過緊張となります。

内反膝=足部回外内反

外反膝=足部回内外反

この運動連鎖がDFLとLLの関係から繋がることであると私なりに解釈しています。

以上簡単にまとめましたが、

ディープフロントラインは他にも内臓・胸膜・腹膜・咀嚼筋・頭蓋骨との繋がりを持っており、内科的疾患や嚥下など様々な影響を及ぼしています。

オススメ著書

アナトミートレイン 第3版

ファッシャル・リリース・テクニック