スーパーフィッシャルバックライン(SBL)~アナトミートレイン~

今回はアナトミートレインの主要ラインであるスーパーフィッシャルバックラインについて書いて行きます。

アナトミートレインは頭に入っていると評価や治療の視野が大きく広がります。

スーパーフィッシャルバックライン(SBL)

アナトミートレインの種類の一つで体の後面を走っているラインです。

足底から踵を回り、背中を上り、後頭部から額にかけて身体の浅層後面を走行します。

つま先から膝までと、膝から頭部までの2つに分けることができます。

筋膜経路は以下のようになります。

引用:フィッシャルリリーステクニック

足底筋膜および短趾屈筋

アキレス腱/腓腹筋

ハムストリングス

仙結節靭帯

脊柱起立筋

後頭下筋群

頭皮(帽状腱膜)

眼窩上隆起

スーパーフィッシャルバックライン(SBL)の特徴

膝屈曲位と伸展位とで働きが変わる

SBLは足から膝までと膝から頭までの二つにわけられますが、膝を伸展した立位ではハムストリングスと腓腹筋が連結して一本のラインとして機能します。

一箇所にある問題の影響が大きい

密度が濃い連結なので一箇所に障害が起こるとそのライン上に影響を受けやすいです。足底筋膜の硬さが仙結節靭帯の機能障害を引き起こしたり、帽状腱膜の硬さがハムストリングスの機能障害を起こしたりする事があります。

遅筋線維が多く姿勢制御に関わる

SBLは遅筋線維が豊富で主に抗重力筋で構成され、立位保持に関わります。立位姿勢で膝を伸展にする事で体幹を伸展方向に誘導し、直立姿勢を保ちます。

スーパーフィッシャルバックライン(SBL)のつながりを体感

SLRをした際に限界まできたら、額にシワを寄せるようにします。するとSLRの可動性が向上します。

眼窩上隆起から頭皮に至る帽状腱膜が緩むため、SLRの可動性が向上するのです。

治療への応用

例えば前屈時に腰痛を訴える患者がいるとして、ハムストリングスの柔軟性低下が評価で上がった問題点だとします。

ハムストリングスに対してアプローチしても今ひとつ効果が出ないとなった時に、足底筋膜や額などSBLで繋がりのある部位へのアプローチをしてみると、改善が得られる事があります。

私の臨床での経験では、足関節捻挫の既往がある人は足底筋膜や腓腹筋にスパズムや筋硬結を認め、このライン状に痛みを訴える人が多い気がします。

腰痛の訴えでも足部の既往がないかどうかは必ず問診するようにしています。

またデスクワークの仕事が多い人はSBLが伸長位で固まっている事が多いため問題となっている事が多いです。

そうすると、前回お伝えしたスーパーフィッシャルフロントライン(SFL)は短縮位となるためSBLとSFLとのバランスが重要となります。

オススメ著書

アナトミートレイン 第3版

ファッシャル・リリース・テクニック