スーパーフィッシャルフロントライン(SFL) ~アナトミートレイン~

今回はアナトミートレインの主要ラインであるスーパーフィッシャルフロントラインについて書いて行きます。

アナトミートレインは頭に入っていると評価や治療の視野が大きく広がります。

スーパーフィッシャルフロントライン(SFL)

アナトミートレインの種類の一つで主に体の前面を走っているラインです。

身体の左右両側を、つま先から頭蓋骨まで走り、身体の前面を連結しています。

つま先から骨盤までと、骨盤から頭部までの二つに分けることが出来ます。

筋膜経路は以下のようになります。

引用:ファッシャルリリーステクニック

短趾伸筋・長趾伸筋・前脛骨筋の下腿前面コンパートメントの筋

膝蓋下腱 大腿四頭筋(厳密には直筋のみ)

腹直筋

胸骨筋/胸骨筋膜

胸鎖乳突筋

頭皮筋膜(側頭部を通る)

スーパーフィッシャルフロントライン(SFL)の特徴

速筋線維が多い

速筋線維が多いため、とっさの反応に優れた働きをします。体幹と股関節を屈曲させ、膝関節を伸展、足関節を背屈させる働きを持っています。

大きな音やビックリした時などに身をすくめるような動きをするのはこのラインの働きによる反応です。

後面のSBLとのバランスが重要

SFLは短縮していると前傾姿勢となります。また下部頸椎を屈曲させ、上位頸椎を伸展させるため、よくみられるヘッドフォワードの場合はSFLが短縮している事が多いです。

前面のSFLが短縮しているという事は拮抗するスーパーフィッシャルバックライン(SBL)が伸長位という事になります。

どちらか一方が機能不全となると、拮抗する他方にも影響を及ぼすため、特に矢状面での問題の際は両方から考える必要があります。

下半身のラインと上半身のラインは分かれている

引用:ファッシャルリリーステクニック

足部から大腿直筋までの下半身ラインと腹直筋から頭皮筋膜までの上半身ラインは直結しておらず、二つにわかれます。

股関節伸展位となる事で下半身と上半身のラインが一本のラインとして機能し、腹腔の内臓の保護にも関与しています。

治療への応用

膝の屈曲時痛を訴える患者さんの前脛骨筋、腹直筋にスパズムや筋硬結を認める事があります。

膝屈曲の制限因子の大腿四頭筋へのアプローチだけでなく、SFLの走行状の筋を評価するだけでも視野は広がります。

また前脛骨筋を緩めることで、胸鎖乳突筋が緩み頚部痛が軽減した患者さんもいました。

SFLをストレッチするには、うつ伏せから手をついて脊柱を反らすようにしていくとストレッチ出来ます。

その際は腰の痛みに注意して行うようにしてください。

臨床でよくみられるヘッドフォワードではSFLの問題である事が多いためこのラインの評価をすると視野が広がります。

オススメ著書

アナトミートレイン 第3版

ファッシャル・リリース・テクニック