股関節の痛み!グロインペイン症候群についてリハビリ・予防・テーピングなど徹底解説

サッカー選手に多い、グロインペイン症候群といわれる股関節の痛み。多くのプロサッカー選手も悩まされているこのスポーツ傷害について解説していきます。

グロインペイン症候群とは?

股関節、鼠径部の痛みを主症状とする病態です。別名鼠径部痛症候群ともいいます。特にサッカーをしている人に多くみられ、サッカー選手の職業病ともいわれています。キック動作やランニング動作時などに痛みが生じます。検査をしても医学的な所見が見られず、診断名をつける事が困難な股関節の痛みの総称としてグロインペイン症候群は扱われています。診断が付きにくい事から、まだ治療法が確立されていない病態で多くのスポーツ選手が悩まされています。

グロイン(groin)=鼠径部

ペイン(pain)=痛み

症候群(symdrome)=色々な症状を呈する病態の総称

を指し、複数の鼠径部の痛みの症候をグロインペイン症候群といいます。症候群と名前が付いている病態は、一つの病態では説明がつきにくく、原因が多岐にわたる場合に付けられるのでグロインペイン症候群もはっきりとした原因や病態が示しにくいのが現状です。

グロインペイン症候群に類似した病態

グロインペイン症候群は器質的な疾患が認められない場合にその病名が付けられますが、実際には股関節周囲の病態変化も含まれる事が多いです。以下にあげる病態もグロインペイン症候群として扱われることがあります。主な病態を挙げていきます。

恥骨結合炎

恥骨は骨盤にある骨で、恥骨結合は左右の恥骨が軟骨にて結合している部分を指します。恥骨結合には腹直筋、長内転筋、短内転筋、薄筋という筋肉が付着しています。これらの筋肉のオーバーユースや、柔軟性低下による伸長ストレスが原因となって恥骨結合に炎症を起こすのが恥骨結合炎です。

内転筋腱周囲炎

内転筋とは骨盤から大腿骨に付着している筋肉で、これらの筋肉がオーバーユースや過剰に伸張された時などに損傷を受ける事で鼠径部に痛みを生じます。

腸腰筋腱周囲炎

腸腰筋とは背骨から大腿骨、骨盤に付いている大腰筋腸骨筋を合わせた呼び名で主に股関節を屈曲させる働きがあります。サッカーのキック動作などで重要な働きをする筋肉です。この筋肉もオーバーユースや過剰に伸張された時などに損傷をきたして痛みを生じます。

スポーツヘルニア(鼠径ヘルニア)

本来なら腹部の中にあるはずの腹膜や腸の一部が、鼠径部の筋膜の間から皮膚の下に飛び出してきてしまう病態です。一般には脱腸と呼ばれています。腹部や鼠径部に力が加わる動作によって、鼠径部の筋膜が破れてしまう事によって生じ、鼠径部に痛みを生じます。立った状態で鼠径部にこぶのような膨らみが確認される事があります。

グロインペイン症候群の症状

ランニングやキック動作など鼠径部に力を入れた時に痛みを生じます。痛みの生じる場所は鼠径部、下腹部、内転筋近位部、恥骨部など多岐に渡ります。始めは強い力を入れた時に痛みが生じますが、悪化するにつれて起き上がりや立ち上がりなどの日常生活動作でも痛みを生じるようになってきます。

グロインペイン症候群の原因

グロインペイン症候群の原因はキック動作やダッシュなど股関節に過剰な負荷のかかる動作のオーバーユースです。股関節にある筋肉や関節に過剰なストレスが加わる事で組織の損傷をきたす事が原因とされています。

また他の部位の怪我によってキック動作のフォームが乱れる事も症状の原因となります。特に足首の捻挫、腰痛、肉離れの後に生じる筋力低下や可動域制限が影響する事があります。

足をくじいたり、捻った後に内出血をして腫れ上がり、痛みが出るその状態。いわゆる足首の捻挫について 応急処置 早く治す方法 ...
スポーツで急なダッシュやターンをした際に筋肉がプチッとなる嫌な感触。 いわゆる肉離れと呼ばれる怪我は多くのスポーツ選手でみられます。 ...

グロインペイン症候群にならないための理想的なキック動作とは?

上の写真のようにボールを右足で蹴る際は右脚を大きく後ろに振りかぶり、身体を左に捻り、左腕や肩甲骨も後方に引くような姿勢をとります。

そしてボールを蹴る時は、身体捻り後ろに振りかぶっていた右脚と左腕が近づくような動きとなります。

蹴る脚と反対の上半身を後ろに反らす事で、身体を弓のようにしならせてパワーを生み出しているのです。これはクロスモーションといわれる動きで、下半身、体幹、上半身の強調した動きが必要となります。

上半身の柔軟性低下や、体幹や軸脚の筋力低下よる安定性低下、上半身と体幹、下半身の連動した協調性がないと、ボールを蹴る時に股関節により強い力が要求されます。これが鼠径部のオーバーユースに繋がり、グロインペイン症候群のような痛みに繋がってしまうのです。

まとめるとグロインペイン症候群の原因となりうる要因として、

  • 柔軟性の低下
  • 安定性の低下
  • 協調性の低下

が挙げられます。

グロインペイン症候群になりやすい?股関節の柔軟性チェック

グロインペイン症候群になりやすい身体の特徴として股関節の柔軟性が乏しい事があげられます。簡単なチェック方法を紹介していきます。

①トーマステスト

股関節の前面にある腸腰筋の硬さを検査します。

ベッドの下に足を出して寝て、検査する方と反対側の膝を胸に近づけて抱えます。筋肉の硬さがあると抱えてない方の脚が上に浮き上がってきます。その場合は腸腰筋の硬さが疑われます。

②オーバーテスト

股関節の側方にある大腿筋膜張筋、腸脛靭帯の硬さを検査します。

検査する側の脚を上にした側臥位をとります。下の脚は曲げた状態にして、上の脚を床に近づけるように下に下げます。筋肉の硬さがあるとスムーズに下に下がりません。その場合は股関節の側方にある大腿筋膜張筋、腸脛靭帯の硬さが疑われます。

③エリーテスト

太ももの前面にある大腿直筋の硬さを検査します。

画像引用:運動機能障害の「なぜ?」がわかる評価戦略

うつ伏せに寝て、検査する側の膝を曲げていきます。踵がお尻にスムーズに付かなかったり、お尻が浮きあがってきてしまう場合は大腿直筋の硬さが疑われます。

グロインペイン症候群の予防・リハビリ方法

グロインペイン症候群の予防方法、リハビリ方法をお伝えしていきます。鼠径部への負担を軽減させるためには、股関節の柔軟性、体幹・下肢の安定性、上半身・下半身の協調性を改善する事が重要です。

グロインペイン症候群の改善・予防のポイント
柔軟性の改善

安定性の改善

協調性の改善

グロインペイン症候群 柔軟性改善のストレッチ方法

①腸腰筋ストレッチ

伸ばす方の脚を後方に引いて立ち膝を付きます。胸を張ってお腹、骨盤を前に突き出すようにしていき、股関節の前面が伸びている状態で30秒以上ゆっくりとストレッチします。

②内転筋ストレッチ

伸ばす方の脚を外に開き、踵を床に付けます。そのまま骨盤を起こして、太ももの内側を伸ばしていきます。

③大腿四頭筋ストレッチ

伸ばす方の足首を持ち、踵をお尻に近づけます。太ももの前面が伸びている状態で30秒以上ゆっくりとストレッチします。伸びている状態で30秒以上ストレッチします。

グロインペイン症候群 安定性改善の筋力トレーニング

①中殿筋のトレーニング

サッカーのキック動作では軸足となる方の安定性が非常に重要となります。その際に最も重要となる筋肉は中殿筋という筋肉です。この筋肉が弱るとキック動作時の軸脚が不安定になり、蹴る脚により強い力を強いられてしまいます。

方法①

鍛える側の脚を上にした側臥位をとります。そのまま脚を真上に挙げていきます。骨盤や体が後ろや前に倒れない事、脚が前方にずれないで行う事がポイントです。

方法②

立った状態で鍛える側の脚で片足立ちをします。その状態から骨盤を真上に挙上させます。上半身が傾かない事がポイントです。

②体幹の筋力トレーニング

キック動作時の安定性を得るためには体幹の筋力が重要になります。

①クランチ

うつ伏せから両肘とつま先を付いて身体を一直線にキープします。そのままの状態を維持して体幹の筋肉を鍛えていきます。

慣れて行えるようになってきたらクランチの状態から対角線上の手足を伸ばして姿勢をキープします。

②サイドクランチ

横向きで肘と足首を付いて身体を一直線にキープします。そのままの状態を維持して体幹の筋肉を鍛えていきます。

慣れて行えるようになってきたら上にある脚を挙上させて身体をキープします。さらに上の脚でサッカーボールくらいの大きさの円を描くように、股関節を回すとよりレベルの高いトレーニングとなります。

グロインペイン症候群 協調性改善のトレーニング

①四つ這いからのクロスモーション

四つ這い姿勢から身体を安定させたまま、対角線の手足を伸ばします。

その後伸ばした手足の膝と肘をくっつけるように近づけていきます。身体がブレないようにこの動作を繰り返します。

②立位でのクロスモーション

壁に手をつき、クロスモーション動作を繰り返します。蹴る脚の踵を反対側の肩甲骨に向かってバックスイングします。

その後振り子のように、骨盤が前方に戻る慣性力を利用して前方にスイングをします。この際にはできる限り股関節の屈筋をしないようにしますが、骨盤の動きを止めないように前方にスイングします。

グロインペイン症候群 テーピング方法

股関節の筋肉への負担を軽減させるテーピングを紹介します。使用するのは伸縮性のあるキネシオロジーテープを使用します。主に股関節周囲の筋肉の働きをサポートする方法をご紹介します。

キネシオロジーテープのポイント
キネシオロジーテープは伸縮性があり筋肉の働きをサポートするのに適したテーピングです。貼る際は両端を1cm程度浮かせて、最後に両端を貼ると皮膚が引っ張られずにすみかぶれにくくなります。角を丸く切ると剥がれにくくなります。

※実際は皮膚に直接貼ってください。

①腹直筋のサポートテーピング

肩幅に脚を開いて左右均等に体重をかけます。腹部から脚の付け根まで軽くテーピングを引っ張りながら貼ります。

②内転筋のサポートテーピング

肩幅に脚を開いて脚の付け根、恥骨の下部から膝の内側下にかけてテーピングを貼ります。

③腸腰筋のサポートテーピング

脚を肩幅に開いて、腹部から脚の付け根にかけてテーピングを貼ります。上前腸骨棘(骨盤の前方にある骨の突出部)の内側を通るようにテーピングを貼ります。

グロインペイン症候群からのスポーツ復帰について

グロインペイン症候群は明確な診断結果が得られず、重症度などの把握も困難なため完治、治癒という診断を下すのは困難な病態です。そのためグロインペン症候群からのスポーツ復帰は焦らず段階を追って経過を診ていく事が重要です。

サッカーの例で診ていくと、まずは痛みの生じている時期は強いキックやダッシュなどを中止し安静を優先します。痛みが引いて来たら先ほど挙げた、柔軟性、安定性、協調性のトレーニングを行っていきます。クロスモーションによるスイングトレーニングを行い、股関節への負荷を軽減するフォームを習得します。軽いキック練習から始め痛みに応じながら徐々に強いキックへと段階を上げていきます。キック練習にて痛みが生じなくなったら、軽い対人プレー、ミニゲームとこなし、実践的なゲーム形式へと段階を上げていきます。

テーピングによる筋肉のサポートも有効です。また練習前後のウォーミングアップ、クールダウンは入念に行いましょう。

まとめ

グロインペイン症候群はまだ診断、治療法が確立されていない病態ですが、予防や改善に大切なのは上半身から下半身にかけての可動性・安定性・協調性となってきます。一般的なトレーニング方法や予防策を説明してきましたが、一人一人身体の特徴は異なるため、個別性のあるトレーニング方法が必要となっています。理学療法士やトレーナーなどに身体チェックを受けて、適切な対策をとっていく事が大切です。